YouTuberの生き様

たっくーTVの生き様|過去の経歴まとめ

動画で見る

今回はYouTubeで「ラジオ配信」という独自のジャンルを開拓し、圧倒的な人気を誇る「たっくー」さんを取り上げていきます。

彼がどういった経緯で動画投稿を始めたのか、そして「社会派YouTuber」としても様々な顔を持つ彼の行動には、ちゃんとした「理由」があったのです。

ここでクイズです。

たっくーさんは、様々な場所で活躍できる国家資格を持っています。

その資格とは何でしょう?

プロフィール

名前:たっくーTVれいでぃお
出身:福岡県
生年月日:1995年12月25日

章構成
  • ネガティブな少年時代
  • YouTube成功への道
  • M-1グランプリへの挑戦

【ネガティブな少年時代】

たっくーさんは1995年のクリスマス、12月25日に福岡県で生まれます。

動画で魅せる早口でどっしりと構えた喋り方から「それなりに人生経験を積んでいる方」と思い浮かべますが、たっくーさんはまだピチピチの20代前半。

よく動画で「ゆゆうた」さん、「かねこあや」さん、「歩乃華」さんとコラボをしていますが、実はこの中でたっくーさんが最年少なんです。

そんな彼は母子家庭の3人兄弟の長男として育ち、少年時代は非常に貧しい家庭で過ごしていたそうです。

少年時代を振り返ったインタビューでは

・学校で先生から「特定の物を買って持ってきて下さい」と言われると、買えないのを分かっていたので、いつもビクビクして「学校で使うならお前らが買って用意しろよ」と思っていた。

・友達に「痩せてて羨ましい」と言われると、食事の量も限られていたので、どうやったらそんなに太ることが出来るのか、本気で不思議で仕方がなかったと思っていた。

と、なかなかの貧しさを感じるエピソードも赤裸々に話していました。

そして学校での彼の生活は、友達は多かったもののイジられることが多かったとのこと。

当時は「自分の人生はこのまま我慢し続けて終わるのかなぁ」と常に考える、ネガティブな生活を送っていたそうです。

普段動画で見ている、明るいたっくーさんからは考えられない過去ですよね。

生き様研究家

今ここです!高校へ入り、まさかの○○の道へ進みます。

たっくーさんは高校に入り、国家資格の1つ「調理師免許」を取得します。

動画投稿当初は調理師免許を持っていることを公表していなかったので、Twitterやインスタに載せている手作り料理を見た視聴者からは

「なんで、たっくーはこんなに料理が上手いんだ?」

という様な疑問の声が多く寄せられていました。

今は調理免許を持っていることを視聴者にも公表しており、実際にYouTubeにも自分が作った料理動画をたくさん投稿しています。

興味がある方は、たっくーさんのサブチャンネルを是非ご覧ください。

飯テロ注意なので深夜に見るのは止めておきましょう。

さて、そんなたっくーさんは高校を卒業後、進学はせずにパチンコのホールのスタッフとして働き始めます。

彼がパチンコ店で働き始めた理由は「お金を貯めて、お笑い芸人になるため」

実は、たっくーさんはこの時から「自由な仕事がしたい」と強く思っており、当時本当に自分がやってみたいと思えることが「お笑い芸人」だったそうです。

噛んだ

そして、お笑い芸人の道を歩むことを決めたたっくーさんは、19歳の時に3つ年上の元相方「ツルク コウダイ」さんと出会うことになります。

2人の出会いのきっかけは、なんとネットの掲示板。

当時たっくーさんがお笑いコンビの相方をネットの掲示板で探していたところ、偶然見つけたのが「コウダイ」さんだったそうです。

そんな奇跡の出会いを果たした2人はお笑いコンビ「オーキードーキー」を結成します。

オーキードーキーのツッコミ担当は、たっくーさんでボケがコウダイさん。

たっくーさん曰く当時の2人は尖りちらしており、芸風やネタもかなり過激なものが多く、ライブに出演してもズベるのは当たり前だったそうです。

そしてテレビ局やイベントの関係者から

「コンプライアンス的に、そのお笑いじゃテレビには出られない」

と言われ「福岡1の嫌われ芸人」というレッテルまで貼られることになりました。

たっくーさんは、その当時の心境を

「お笑いの世界って思ったのと違う。自由そうに見えて、ルールが厳しいという現実を知った」

と話しており、お笑いを始めるきっかけとなった「自由な仕事がしたい」の実現は難しいと思うようになりました。

そんな、お笑い芸人として伸び悩んでいた時期に、彼に大きな転機が訪れます。

【YouTube成功への道 】

お笑いを始めて1年くらいたった頃に、当時のマネージャーから「新たな道」への提案が。

それは、自由な世界「YouTube」への道。

当時のマネージャーは「YouTubeならもっと自由が効くんじゃないか」と、たっくーさんをスカウトしたそうです。

その提案を受けた彼は「人間関係をほとんど必要としないYouTubeの世界は、本当の意味で自由なんじゃないか」と受け入れ、始めることを決意しました。

しかし、YouTubeを始めることを決意したのは良いものの、動画投稿の始めは酷い状態だったそうです。

たっくーさんは今までパソコンなんてほとんど使ったことがなく、動画編集ももちろん出来ません。

そして、そもそもYouTubeすらあまり見たことがないという無知の状態。

そんな状態で「商品レビュー」や「○○をやってみた」などの動画をあげていきますが、まったくヒットせず再生回数も全然伸びませんでした。

それでも必死に「できることは全部やろうと」という前向きな思いで続けていきますが、心が折れるような出来事が次々と訪れてしまいます。

生き様研究家

今ここです!
ここからYouTube人生の低迷期に入り、自由の代償は過酷な道だったことを深く実感します。

たっくーさんは、とあるインタビューで「この時期はつらいことがたくさんありました」と本音を明かしています。

実際にそのエピソードを紹介しますと

・自分で作ったオリジナルの名刺を、駅前で配るがその辺に捨てられる

・頑張って作った動画のYouTubeのコメント欄に「迷惑なんでやめてください」と書き込まれる

・お金がなく、税金はローンで借金して納付する生活

などなど、彼はこのことを思い出すだけでも、今だに胸がキューっと苦しくなるそうです。

しかし、そんな過酷な状況の中でも、たっくーさんが諦めずに動画投稿を続けられたのは、大きな理由が隠されていました。

お笑い芸人時代からビッグマウスだった彼は

「俺は、絶対有名になる。これで絶対に成功してやる」

という言葉を心の中にしまっておくだけでなく、あえて周りの人達に言っていたそうです。

たしかに、そういった行動をすることで自分自身で後には引けない状況を作りだし、必死に頑張ることができますよね。

さらに、たっくーさんのその言葉の裏側にある「自信」にも大きな理由がありました。

それは昔から持っている「要領の良さ」です。

彼は高校生の時も単位を逆算して進級できるギリギリの所までやって、後は休みを作ってはずっと働いていたそうです。

「学校や社会に適している人物ではない!」と言われたら否定は出来ませんが、誰よりも生きる能力は長けており、彼も「生きることに対しては自信がある」と話していました。

その言葉通り彼はYouTubeで生きていくため、毎日1人で12時間~14時間ほどパソコンに向かって、成功する方法を考えては勉強し、できなかったことや目標などをひたすら紙に書きだしていったそうです。

その試行錯誤の努力の毎日が、今のたっくーさんの「ラジオ配信」という動画スタイルへの確立に繋がることになります。

生き様研究家

今ここです!1年の期間を経てようやくたどり着いた「新たなスタイル」、彼はここから絶対的な成功の自信と共に人気を爆発させていきます。

2017年8月に現在のチャンネル「たっくーTVれいでぃお」を開設します。

そしてチャンネルが開設された数日後に、誰もが驚くような動画が投稿されました。

それは、、、

「来月で目標いかなかったらYouTube辞めます」という動画です。

なんとチャンネルを開設した約1ヶ月後の9月末までに登録者が「2,000人」を超さなければYouTubeを辞めるという内容でした。

2,000人という数字は当時のたっくーさんからしたら、かなり難しい難易度で、当時の視聴者は誰もが無謀なチャレンジだと思っていました。

さらに、たっくーさんが自分に科した試練はこれだけじゃありません。

自分が所属していた事務所に対して

「もしこれがうまくいかなかったら2カ月でやめる。」

と後には退けない宣言をしました。

たっくーさんが視聴者や事務所に対してここまで言えるのは、自分が見つけた新たなスタイル「ラジオ配信」に絶対的な成功への自信があったからだと思います。

その言葉と自信通り、たっくーさんのチャンネルは9月17日の時点で登録者は約5,400人に増え、9月末には余裕で1万人を超えるという快挙を成し遂げました。

そんな彼の当時のコンセプトは「YouTubeであえてラジオをやる」です。

チャンネル名「たっくーTVれいでぃお」の題名通り、ラジオの様にトークに集中してもらえるよう顔出しをやめ、今が旬な話題を「約3分弱」という短い時間で取り上げるスタイルが爆発的人気を集めました。

さらに彼がお笑い芸人時代から持っている、饒舌なトークとテンポ良く進むユーモア溢れる編集で多くのリスナーを魅了させ、チャンネル開設から3ヶ月後の12月には10万人を突破。

その活躍ぶりは多くのYouTuberの目にも止まり、イキザマchでも取り上げた「東海オンエア」のてつやさんに「一番好きなYouTuber」として挙げられたり、自らネタにしてきた「水溜りボンド」のカンタさんとも動画でコラボを果たすなど、誰がどう見ても成功しているYouTuberとして名を広げることとなったのです。

生き様研究家

今ここです!
着実に登録者を増やしている、たっくーさんですが、ここでとんでもない事件が訪れてしまいます。

ことの始まりは、2018年の2月18日の夜に来た1通のメールでした。

なんと、そのメールには殺害予告、爆破予告、脅迫の3コンボが記載されていたそうです。

さらにメールには

・特定の動画をすべて削除しろ

・もしくは、30ビットコイン払え

という難しい要求も記載されていました。

ちなみに30ビットコインは、当時日本円に換算すると「約3700万円」に相当します。

たっくーさんはこのメールを受けて事務所と相談し、さすがにお金は払いませんでしたが、指定された動画はすべて消去することにしました。

そして、さすがのたっくーさんも一線を超える嫌がらせを受け、動画投稿の更新頻度も落ちるかと思われていましたが、彼はノーダメージ。

悪質な視聴者の嫌がらせに対して「まったく何にもないですね」と意に介していない様子で、今までと変わらず動画を投稿し続けています。

生き様研究家

今ここです!
たっくーさんは動画投稿を通して積極的な社会活動も行っていきます。

そして社会派の一面も持つYouTuberとなることに。

2019年5月4日に若い女性が大阪駅ビルから飛び降り自殺をした事件がありました。

その事件が報道され、たっくーさんは「自殺について」という動画を投稿。

この動画では、たっくーさんが自殺問題について

ネット上には

・同じ人間が死のうとしているのに下でスマホを向け、SNSに投稿する人

・その人たちの異常性に物申す人や、逆にそれを偽善だと批判する人

・自分には迷惑がかかっていないのに、自殺者に対して迷惑だと批判する人

・無関心な人

の4種類の人間がいる。

SNSによって誰もが飛び降り自殺について語れてしまう時代になった。

でも自殺問題は誰かを叩いたり、悪者にしても何も解決しない。」

と持論を展開しています。

そして、たっくーさんは「発信力のあるYouTuberだからこそできる活動がしたい」と考え、悩みを気軽に相談できる場所、コンテンツを作るため、24時間いつでもDMで相談を受け付けるTwitterアカウント「たっくーTV@相談垢」を開設しました。

このアカウントは開設から、たった2日間で8,000人のフォロワーを集めるなどの大きな反響を呼び起こします。

そしてこのアカウントには、いじめで自殺を考えている学生や、誰にも打ち解けることができない様な悩みを抱えている人から続々と相談が寄せられました。

たっくーさんは、その寄せられた相談には全て返信をすると約束しており、動画やイベント活動など忙しい時間の合間を縫って相談者1人1人に返事を送っているそうです。

さらに、たっくーさんの社会活動はこれだけじゃありません。

「日本の農業衰退を食い止める」という思いから、農業チャンネル「KENブランド」も開設。

このチャンネルでは若者に農業への興味を持ってもらうため、実際にたっくーさん本人が農作業に取り組む様子が映し出されています。

忙しい中、農家の人手不足解消に一役買って出れる行動力、とてもかっこいいですよね。

実はたっくーさんのこういった社会活動の背景にはしっかりとした「理由」があるんです。

彼は自分が行っている社会活動に対して

・誰か一人が社会活動をしたところで、世の中が良くなることはない

・まったくやらない人がほとんどなのも事実

という現実を深く理解した上で「俺は他の人達よりも頑張っているよ」と、自分に言い聞かせられるのが、生きる上での「モチベーション」となっているそうです。

なので社会に貢献するというよりも、自己啓発的な意味合いで社会活動を行っているとのこと。

農業以外にも「若者が色々なことにチャレンジできる学校を作りたい」という幅広い未来も視野に入れているたっくーさん、今後も新しい活動から目が離せませんね。

【M-1グランプリへの挑戦】

順調に登録者数を増やし80万人を超えはじめた辺りに、突然たっくーさんから重大発表が。

なんと高校卒業後に結成し、解散したお笑いコンビ「オーキードーキー」を再結成することが発表されたのです。

コンビを解散した後、たっくーさんはYouTubeの道に、相方のコウダイさんはフリー芸人の道へ進むことになりましたが、そんな彼らが4年ぶりのお笑いコンビの活動を再開することとなりました。

このコンビ復活の背景について気になる人も多いと思いますが、実はたっくーさんの説得があったそうです。

彼は「オーキードーキーで再び漫才をしたい!」というシンプルかつ深い思いを伝え、コウダイさんを説得し再結成することを決めました。

そしてさっそくコンビ復活を発表した日の数日後に、オーキドーキーが再結成初の漫才を披露することに。

ネタの名前は「再結成」

たっくーさんのサブチャンネル、「たっくーTV【オーキードーキー】」というチャンネルで実際にこのネタを見ることができるのですが、会場のいる観客はもちろん、漫才をしている2人も楽しそうで、本当に心の底からお笑いが好きなんだなあ感じました

そしてたっくーさんはコンビ復活と共に、もう1つ大きな目標を掲げました。

それは、お笑い界の頂点を決める「M-1グランプリ」への挑戦です。

たっくーさんは動画の1つのネタとして挑戦するのではなく

「芸人からYouTuberになる人が多い中、YouTuberからM-1の決勝に行ったら面白いんじゃないか。

ツルクコウダイとだったら可能性あるんじゃないのかと感じた。」

と、動画内で真剣に想いを語っていました。

そしてたっくーさんは、この挑戦を本当に実現させるために、また過酷な試練を自分達に与えます。

生き様研究家

今ここです!
再結成を決めた「オーキードーキー」に期待が高まっている中、無謀なチャレンジへと突き進んでしまいます。

2020年3月14日にコウダイさんが1つのツイートを。

なんと、2020年6月30日までに

・サブチャンネル「たっくーTV【オーキードーキー】」のチャンネル登録者数が20万人

・コウダイさんのTwitterアカウントのフォロワーが2万人

を突破しなければ、コウダイさんが引退することを発表したのです。

なので目標値に届かなければ、オーキードーキーは事実上解散となってしまいます。

この無謀なチャレンジ、たっくーさんが「たっくーTVれいでぃお」を開設した時と同じ様に、彼らの強い意志と覚悟が伝わりますね。

そして、このことを発表してからコウダイさんは、サブチャンネルの動画撮影、24時間配信、そしてAmazonギフト券を10万円分も配るなどして、Twitterのフォロワーとチャンネル登録者数を増やしていきました。

たっくーさんもメインチャンネルで宣伝・拡散し、サブチャンネルでは毎日寝ずに動画を撮って全速力で目標値を目指しました。

しかし、自分達が決めたこの試練はそんな簡単なものではありませんでした。

2人は最終日の6月30日を迎えてしまいますが、この時点でサブチャンネルの登録者数は187,588人、Twitterのフォロワーは19,944人という結果に。

そして、たっくーさんはこの最終日にどうにか目標値を超えるようにと「20万人行かなければ即引退」というタイトルで生配信を行います。

この配信では視聴者に登録を呼びかけると共に、たっくーさんと友好関係のある有名YouTuber「ゆゆうた」さんや、「ナオキマン」さんなどと通話をし、様々な場所から拡散を手伝ってもらいました。

そして、この生配信を見ている視聴者もTwitterで拡散し、どうにかオーキードーキーの解散を拒もうとしていましたが、、、

結果、Twitterのフォロワーは目標値に達したものの、チャンネル登録者数が20万人に届かず、タイムオーバーとなってしまいました。

この配信後コウダイさんは引退を発表し、オーキードーキーは解散することになってしまいます。

視聴者の間では

「コウダイさんは何かしらの理由を付けて引退しないのではないか」

という様な声が飛び交っていましたが、たっくーさんもTwitterで正式に引退したことを公表していたので、”ネタ”ではなく”事実”として受け入れるしかありません。

そしてたっくーさんは、目標の数値に届かなかったことに対して「自分で決めた勝負に負けた」と話し、「自分たちは全力でやった結果がこれだったので、単純な力不足だった」と言い訳をせず現実を受け止めて、また前に進むことに。

今回の試練は乗り越えることができませんでしたが、たった3ヶ月という短い期間で「7万人」近くチャンネル登録者数が増えたのは、他のYouTuberに比べても凄い実績だと思います。

これだけ登録者数が一気に増えたのは「オーキードーキー」としての2人の掛け合いで、多くの人が笑いや楽しさを感じていたからでしょう。

次のステージで、いつかもう一度2人の絡みがみれることを期待しています。

【まとめ】

たっくーさんのイキザマはいかがだったでしょうか?

彼が今YouTubeで大活躍できているのは、まったく伸びなかった最初の1年があったからこそだと思います。

そして、彼の魅力と言えば動画のスタイルでもある「トーク」と思われがちですが、実はもっとパーソナルな部分にあると思います。

メインチャンネル、農業チャンネル、相談垢、イベントへの出演など、目まぐるしい日々を送っている場面でも疲れた顔を一切見せることなく、元気に活動する彼の姿こそが、ここまで多くの人を魅了しているんでしょう。

この先も私達が楽しめるような活躍をみせてくれると思います。
一視聴者として応援しています。

イキザマチャンネルの糸山がお送りいたしました!

参考URL